少しでも若く見られたいそんなあなたに

目元ほうれい線の小じわ対策法

未分類

小じわやほうれい線のケアに良い成分とは?

更新日:

小じわほうれい線は実年齢よりも老けて見られてしまうので何とかしたいと思う方も多いです。

法令線

特に30代以降になるとほうれい線が気になる方も増えてきます。

 

小じわやほうれい線ができる原因にはさまざまな要因がありますが、代表的な要因として加齢、乾燥による目元や口元などの皮膚のたるみ、口元の筋力低下、コラーゲンやヒアルロン酸不足が挙げられます。

 

加齢によって乾燥が進み、水分を維持する機能が低下することが小じわやほうれい線を作りやすくします。

 

乾燥が進んで肌に水分を保持する力が弱くなってしまうと、皮膚が枯れた状態になり、たるんでしまいます。

 

たるみは頬の肉が下がってほうれい線を目立たせて、目元や口元は顔の中でも特に乾燥しやすい部位なので小じわを作りやすくしてしまいます。

 

また、ほうれい線が出来やすい口元の筋力低下は加齢によって起こりやすいです。

 

口元の筋力が弱くなると皮膚を支える力が低下し、ほうれい線につながってしまいます。

 

口元の筋力低下は加齢によるものだけでなく、顔の表情筋を使わない生活を送っていると若い方でもほうれい線ができます。

 

顔の表情筋は話したり、笑ったりと表情を作ることで鍛えられます。

 

小じわやほうれい線はコラーゲンやヒアルロン酸不足によっても起こります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸はもともと備わっているものですが、年齢と共に量がどんどん減ってしまいます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸の量が少なくなると乾燥も進んでしまうので、コラーゲンやヒアルロン酸の量が少なくなると乾燥しやすい目元や口元の小じわやほうれい線につながってしまいます。

 

小じわやほうれい線の出来る原因を見ると、加齢によって乾燥することで口元の筋肉低下によってほうれい線を作ったり、特に乾燥しやすい目元や口元に小じわを作ったり、もともと備わっているコラーゲンやヒアルロン酸の量が減ることだと分かります。

 

では、小じわやほうれい線をケアするために有効な成分とはどういったものなのかを紹介します。

 

ほうれい線や小じわをケアし、アプローチしてくれる効果的な成分として「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「ビタミンC誘導体」「セラミド」「アミノ酸」「プラセンタエキス」が挙げられます。

 

ほうれい線や小じわはヒアルロン酸やコラーゲンといったもともと備わっている成分が減ってしまうことが原因で起こります。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンを与えることで肌にハリや弾力を取り戻します。

 

ヒアルロン酸は1gで6リットルの水分を抱え込むことができる成分で、肌のハリや弾力に必要不可欠な成分です。

 

年齢とともに減少する成分なので化粧品での補給が必要で、ハリ弾力をアップさせ、小じわやほうれい線が目立ち始めている肌に効果的にアプローチしてくれます。

 

コラーゲンも肌のハリや弾力に欠かせない成分となっています。

 

しかし、コラーゲンは分子が大きいのでそのまま肌に与えても肌の奥まで届きません。

 

効果的にコラーゲンを与えるにはナノ化と言って、分子量が小さいコラーゲンが使われている化粧品を選ぶのが良いです。

 

ビタミンC誘導体は美白成分としても知られている成分ですが、コラーゲンの生成を促してくれる働きを持つ成分なので、コラーゲン不足になって起こる小じわやほうれい線対策に有効なのです。

 

セラミドやアミノ酸、プラセンタエキスは乾燥によって皮膚のたるみを改善してくれるのに有効な成分です。

 

セラミドは潤い成分の生成を促すのに大切な成分で、セラミドが不足すると潤いが減って乾燥して、皮膚がたるんでほうれい線や小じわにつながってしまいます。

 

セラミドは肌の角層に並んでいる細胞間脂質の半分以上を占めている成分です。

 

強い洗浄力のある洗顔料を使ったり、洗顔時のお湯の温度が高いだけでも流れてしまうくらい繊細な成分なので、セラミド配合の化粧品を使って補給することが小じわやほうれい線ケアには大事だと言えます。

 

アミノ酸は角質層に並んでいる天然保湿因子の主成分となります。

 

強い洗浄力のある洗顔料や洗顔時のお湯の温度が高い状態が続いてしまうことで流れ出てしまいます。

 

角層内の天然保湿因子が減ってしまうと乾燥を促進させ、小じわやほうれい線を悪化させてしまうので、天然保湿因子を補給する意味でアミノ酸を肌に与えることもケアとして有効な成分なのです。

 

プラセンタエキスは肌のターンオーバーを促す働きを持つ成分です。

 

プラセンタエキスが小じわやほうれい線のケアに有効な理由としてアミノ酸を豊富に含んでいるからです。

 

アミノ酸は角質層に並んでいる天然保湿因子の主成分であり、保湿効果を持ち、肌に潤いを与えてハリを取り戻すことが期待できます。

 

よって、小じわやほうれい線は加齢によって乾燥し、保湿に必要なヒアルロン酸やコラーゲンの量が減り、口元の筋力低下が原因であり、普段のケアとして加齢によって減ってしまうコラーゲンやヒアルロン酸を肌に与えてもともと持っているハリを取り戻し、コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体を一緒に取り入れるとより効果的です。

 

また、乾燥によって皮膚がたるんでしまうのを改善するセラミド、アミノ酸、プラセンタエキスも小じわやほうれい線のケアに有効な成分で、肌に潤いを与えて乾燥しにくい肌環境を作ることが小じわやほうれい線の抑制につながると言えます。

-未分類

Copyright© 目元ほうれい線の小じわ対策法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.